自分の身を守るために

家財保険に加入する事で、自分自身の身を守る事が可能になります。
毎日を過ごす生活空間というのは、時には思いもよらぬトラブルや事故が発生する場合があります。
天井から滝の様な水漏れが発生したり、泥棒によって家財が全て盗まれ破壊されたなどケースは様々です。
しかし、こういったトラブルは事前に予測する事ができない問題であるため、保険が必要となります。

水漏れ事故を起こすという可能性は十分にある。

集合住宅の場合は、自分の部屋の上の住人が水漏れ事故を起こすという可能性は十分にあります。
風呂水を入れている途中に眠ってしまったなど、お風呂の水が溢れだし自分の部屋に漏れだしてしまうわけです。
もし、漏れだした水がパソコンやテレビなどの電化製品などにヒットすればショートを起こし壊れてしまうという可能性もあります。
また、電気機器にかからずとも広範囲の水漏れにより部屋全体が浸水状態になってしまうという可能性もあるわけです。

こういったケースでは、当然上の階の住人に賠償責任が発生する事になります。
しかし、その住人に賠償能力が無かったり保険に入っていなかったという場合には、家財類を補償する事ができません。
こういった場合に、自分が家財保険に加入していれば補償を受ける事ができるわけです。