メリット・デメリット

保険というのは、月々に定額の保険料を支払う事によってもしもの際に補償を受ける事ができる制度です。
これは家財保険も同じであり、火事が発生した場合に家財を守る場合に必要な保険です。
では、この家財保険には具体的にどの様なメリットがあるのかという話をしていきます。

まず、火事などが発生した場合に、火災保険で補償されない家財を補償する事が可能です。
また、火災保険は既に加入していると言う場合には、家財保険のみ加入という事もできます。
盗難や漏水などにより家財が被害を受けた場合や、第三者への賠償責任がある場合にも対処が可能です。
賃貸と持ち家を問わず加入する事ができるなど、様々なメリットがあります。

30万円を超える家財の場合は明記が必要

その一方で、30万円を超える家財の場合は明記が必要であり、明記しても100万円が上限であるというデメリットもあります。
また、火災保険ほどの知名度が無く、保険料が別途必要になります。

この様に、家財を守るための保険にはメリットとデメリットが存在します。
しかし、トラブルというのは事前に予測する事ができず、気がつけば発生するものです。
そのため、何かが起きて仕舞う前に対処する方法として、とても有効な保険であると言えます。